公明党トップ / ニュース / p139215

ニュース

2021年1月12日

若者の活躍サポート 公明、各地で「成人の日」街頭

公明党は11日を中心に、全国各地で「成人の日」を記念する街頭演説会を開催した。各議員は新成人を祝福するとともに、返済不要の給付型奨学金制度や携帯電話料金の引き下げなど党の実績を紹介し、若者が希望を持って活躍できる社会を築くと訴えた。

若者政策の推進を訴える伊佐氏(右)ら=11日 大阪・守口市

伊佐進一衆院議員は11日、大阪府守口市内で街頭演説を行い、若者政策の推進を訴えた。地元市議らも参加した。

伊佐氏は、コロナ禍で困窮する若者の実情に言及。返済不要の給付型奨学金制度や新卒応援ハローワークといった相談窓口を紹介し、活用を呼び掛けた。

また、公明党が長年取り組んできた携帯料金の引き下げを例に挙げ、「新成人の皆さんが政治に関われば関わるほど、若い世代の政策が前に進む。公明党が若者支援を拡大していく」と決意を述べた。

若者支援策の充実を訴える中野氏(左から2人目)ら=11日 兵庫・尼崎市

中野洋昌衆院議員は11日、兵庫県尼崎市内で行われた街頭演説会で、地元議員らとともに若者支援策を語った。

中野氏は「コロナ禍で苦しむ若者の声を聴き、学びの継続や就職を支援する政策を訴えてきた」と述べ、「学生への緊急給付金や、特別定額給付金を実現した」と強調。授業料を減免する大学への支援や、第二の就職氷河期世代を生まないための対策が予算案に盛り込まれたことに触れ、「公明党は“若者の味方”として、今後も若者が希望を持って活躍できるよう全力で応援していく」と訴えた。

携帯電話料金の引き下げなどの実績を訴える谷合氏(中央)ら=11日 岡山・津山市

谷合正明参院幹事長(党岡山県本部代表)は11日、津山市内で開催された街頭演説会に出席し、「公明党は、若者の声から携帯電話料金の引き下げや不妊治療費助成の拡充、コロナ禍で困窮する学生への給付金支援などを実現してきた」と強調した。地元市議らが参加した。

また、谷合氏は「今後も感染症対策やデジタル革命、グリーン社会の実現、防災・減災、国土強靱化の加速に全力で取り組んでいく」と述べた。

「若者の未来を開く」と訴える石田氏(左から3人目)と山崎氏(右隣)ら=10日 高知市

石田祝稔副代表は10日、党高知県本部青年局(局長=山崎正恭県議)が高知市内で開催した街頭演説会に参加し、新成人たちに祝福のエールを送った。

石田氏は、携帯電話の番号持ち運び制度など青年の声を形にしてきた実績を紹介し、「子どもを持ちたいという若い世代の願いに応えるため、不妊治療の保険適用など支援拡充に取り組んでいる」と力説した。

山崎局長は、ユーストークミーティングで吸い上げた要望を基に、「デジタル環境の整備など若者の未来を開く政策を進めていく」と訴えた。

党の青年政策を訴える佐々木氏(中央)と遠藤県青年局長(右隣)ら=10日 仙台市

【宮城】公明党宮城県本部青年局(局長=遠藤伸幸県議)は10日、仙台市内で街頭演説会を開催。遠藤県青年局長と佐々木雅文党青年局次長が新成人の門出を祝福した。

遠藤県青年局長は「若者の声から携帯料金の引き下げなどが実現した」と強調。佐々木氏は「若い世代が安心と希望を持てる社会をめざす」と力を込めた。

新成人の渡邉英明さんと清水美優さんが抱負を語った。

青年政策を紹介しながら新成人にエールを送る太田県代表(中央)ら=11日 長野市

【長野】公明党長野県本部(代表=太田昌孝衆院議員)は11日、長野市の長野駅前で街頭演説会を開催し、太田県代表のほか、加藤康治県議、地元市議が新成人へエールを送った。

太田県代表は、新型コロナウイルス対策として困窮学生への緊急給付金を実現するなど、若者一人一人の声から青年政策を進めてきたと強調。「今後も、若者の未来に責任を持つ政治に取り組む」と訴えた。

若者の声を政治に反映すると訴える中川県代表(中央)ら=10日 三重・津市

【三重】公明党三重県本部(代表=中川康洋前衆院議員)は10日、津市内で街頭演説会を開催。中川県代表、県議、市議らが新成人へエールを送った。

中川県代表は「明るい未来を築くには若者の声を政治に届けなければならない」と強調。公明党が青年らの声を基に、返済不要の給付型奨学金の創設・拡充などを実現したことを紹介し「皆が安心できる環境づくりに取り組む」と訴えた。

若者支援策の拡充を訴える熊野氏(右から2人目)ら=11日 奈良・香芝市

【奈良】公明党奈良県本部(代表=大国正博県議)は11日、香芝市内で街頭演説会を開催。熊野正士参院議員のほか、河杉博之、中山武彦、上田井良二の各香芝市議が参加し、新成人へエールを送った。

熊野氏は新型コロナのワクチンを迅速に接種する体制の構築には、国と自治体との連携が不可欠と強調。「公明党のネットワークを生かし、全力で取り組んでいく」と決意を訴えた。

希望ある社会へ、若者施策の充実を訴える伊藤氏(中央)ら=11日 兵庫・宝塚市

【兵庫】公明党兵庫県本部は11日、県内各地で街頭演説を開催。このうち宝塚市では、伊藤孝江参院議員が地元市議と午後1時、新成人へエールを送った。

伊藤氏は「希望あふれる社会の実現へ、公明議員の国、県、市のネットワークで小さな声を形にしていく」と力説した。

これに先立ち、高橋光男参院議員は同日午前11時、同市で開催した街頭演説で若者施策の充実を訴えた。

新成人へのエールとコロナ対策を述べる金城県代表(中央)ら=10日 沖縄・浦添市

【沖縄】公明党沖縄県本部(代表=金城勉県議)は10日、「成人の日」記念街頭演説会を浦添市で行った。金城県代表は、新成人に祝意を述べ、「未来への希望を抱けるよう、政治の役割を果たし、コロナ禍を乗り越えていく」と強調。一方、同市議選(1月31日告示、2月7日投票)に挑むシモヒデ、まつした美智子、イナミネ伸作、金城ダイスケの4市議への支援も呼び掛けた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア