公明党トップ / ニュース / p138236

ニュース

2021年1月8日

雇調金特例 再延長せよ

衆参議運委、担当相が事前報告 
佐藤(英)、高橋氏が主張

衆参両院の議院運営委員会は7日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言の再発令について、西村康稔経済再生担当相から事前報告を聴取し、質疑を行った。公明党から衆院議運委で佐藤英道、参院議運委で高橋光男両氏が質問に立った。

質問する佐藤(英)氏=7日 衆院議運委

佐藤氏は、「飲食店への営業時間短縮要請により、収入減少や廃業、失業が強く心配される」と指摘。資金繰りや金融支援の拡充を求めたほか、2月末で期限を迎える雇用調整助成金(雇調金)の特例措置を再び延長すべきだと力説した。西村担当相は、雇調金について「しかるべきタイミングで延長について結論を出したい」と答えた。

高橋氏=7日 参院議運委

一方、高橋氏は、国民の協力を得ながら感染拡大を防ぐには、「実効的かつ手厚い支援策の迅速な実施が必要だ」と強調。2020年度第2次補正予算までに積んだ予備費に触れ、「ちゅうちょなく活用すべきだ」と訴えた。西村担当相は「予備費4.6兆円を機動的に活用し、生活、雇用を守っていく」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア