公明党トップ / ニュース / p137761

ニュース

2021年1月7日

医療崩壊を防ぎ命守れ

知事に緊急要望 
党埼玉、神奈川県議団

大野知事(右から5人目)に申し入れを行う党埼玉県議団=6日 埼玉県庁

公明党埼玉県議団(西山淳次団長)は6日、県庁内で大野元裕知事と会い、新型コロナウイルスの感染拡大に対する緊急申し入れを行った。

席上、西山団長は、県内の感染者数が急増し、「医療現場が危機的な状況だ」と指摘。民間医療機関でのコロナ患者の受け入れが困難なため、県立病院での受け入れ体制拡充を訴えた。また、透析患者や障がいのある人などが感染した場合に対応できる病床の確保や、業務の増大で疲弊が懸念される保健所職員の負担軽減などを要請した。

大野知事は「しっかりと要望を受け止め、実効性のある対策を進めていく」と答えた。

黒岩知事(中央左)に要望書を手渡す党神奈川県議団のメンバー=6日 神奈川県庁

公明党神奈川県議団(佐々木正行団長)は同日、県庁内で黒岩祐治知事に対し、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた緊急要望書を手渡した。

席上、佐々木団長らは、国が神奈川県を含む1都3県を対象に緊急事態宣言を再発令する状況に触れ、「県民の命を守るため、医療の崩壊を防ぐ取り組みが不可欠だ」と強調。その上で①飲食店への実効性ある営業時間短縮要請②県発熱等診療予約センターなどの人員拡充③介護福祉施設での迅速な検査体制構築④県税の納付猶予制度の期間延長――など10項目を求めた。

黒岩知事は前向きに検討する考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア