公明党トップ / ニュース / p137071

ニュース

2021年1月4日

命と暮らし 公明が守る

各地で新春街頭演説会

東日本大震災の復興加速に向けた決意を述べる若松氏(中)=2日 福島・相馬市

【福島】公明党福島県本部(代表=今井久敏県議)は2日、相馬市で街頭演説会を開き、若松謙維県常任顧問(参院議員)、志賀稔宗・南相馬市議、高橋利宗・相馬市議が参加した。

若松氏は、今年3月で東日本大震災から10年を迎えることを踏まえ、福島復興に向けた新産業創出と人材育成の司令塔となる「国際教育研究拠点」の整備や、原発事故の風評被害対策に全力を挙げると述べた。

さらなる新型コロナ対策の充実を訴える西本県代表(中央右)ら=3日 福井市

【福井】公明党福井県本部(代表=西本恵一県議)は3日、県内各地で新春街頭演説会を開催。福井市内では西本県代表と地元市議らが参加した。

西本県代表は収束が見えないコロナ禍で、公明党のリードで実現した雇用調整助成金の拡充や1人一律10万円の給付などを紹介。その上で、ワクチンについて「今後も国と連携して、安全・安心の接種体制構築に尽力する」と訴えた。

ネットワーク政党の強みを力説する佐野県代表(左から3人目)ら=2日 甲府市

【山梨】公明党山梨県本部(代表=佐野弘仁県議)は2日、甲府市内で街頭演説会を開き、佐野県代表と地元市議が参加した。

佐野県代表は、2020年度の第3次補正予算案で、「地方創生臨時交付金」の増額が盛り込まれたことに触れ、「地域の課題や要望を速やかに国に届けられるのが、公明党の強みだ」と力説。「党のネットワークを生かし、政策実現に全力を挙げる」と決意を述べた。

コロナ対策と防災力の強化を訴える太田氏(中央)ら=2日 長野・飯田市

【長野】公明党長野県本部(代表=太田昌孝衆院議員)は2日、飯田市内で街頭演説を行い、太田県代表、川上信彦県議、地元市議が新年の抱負を語った。

太田氏は、新型コロナ対策としてワクチン接種の着実な実施や、中小企業支援の強化などに全力を挙げると力説。また、頻発する自然災害への対策に取り組み、「市民生活の安全・安心を守るために全力で働く」と訴えた。

「新型コロナ対策に全力を尽くす」と訴える大口氏(前列右から2人目)ら=3日 静岡市

【静岡】公明党静岡県本部(代表=大口善徳衆院議員)は3日、静岡市のJR静岡駅前で街頭演説会を開催し、大口県代表と県議、3月の静岡市議選に挑む現職6氏が決意を語った。

大口氏は、今月召集予定の通常国会に臨む決意として「新型コロナの感染拡大を抑え込み、経済対策などに全力を挙げる」と述べ、「党のネットワークで“小さな声”を聴き、希望ある未来を開く」と語った。

一日も早いワクチン接種を、と訴える山本(香)氏(中央右)ら=2日 滋賀・高島市

【滋賀】公明党滋賀県本部(代表=中村才次郎県議)は2日、高島市で街頭演説会を開催。これには山本香苗参院議員と中村、清水ひとみ両県議のほか、高島市議選(24日告示、31日投票)に挑む、あいはら章副支部長が参加した。

山本氏は、新型コロナの感染拡大が続いていることに触れ、「国民の命と暮らしを守るため、一日も早いワクチンの接種へ、公明議員が一丸となって進めていく」と訴えた。

安心・安全の街づくりへ決意を語る熊野氏(右から3人目)ら=2日 奈良・橿原市

【奈良】公明党奈良県本部(代表=大国正博県議)は2日、橿原市内で街頭演説会を開催。熊野正士参院議員、亀甲義明県議と、公明党が議席回復をめざす橿原市議選(31日告示、2月7日投票)に挑む森下みや子、大北かずすけの両市議、西岡じろう、もりまえ美和の両副支部長の4氏が参加した。熊野氏は「ネットワークの力を生かし、安心・安全の街づくりを進めていく」と訴えた。

全世代型社会保障の構築を訴える山本(博)氏(左から5人目)ら=2日 高松市

【香川】公明党香川県本部(代表=都築信行県議)は2日、高松市内で新春街頭演説会を開催し、山本博司参院議員と、県議、市議らが参加した。

山本氏は、新型コロナの一日も早い収束をめざし、医療提供やワクチン接種の体制整備に取り組んでいると強調。また、不妊治療の助成拡充に触れながら、「公明党は引き続き、全世代型社会保障の構築に全力を尽くす」と訴えた。

さらなるコロナ対策へ決意を語る中本県代表(右から2人目)ら=1日 佐賀・唐津市

【佐賀】公明党佐賀県本部(代表=中本正一県議)は1日、唐津市で街頭演説会を開き、中本県代表のほか、木村雄一県議、唐津市議選(24日告示、31日投票)に挑む白水たかかず、中川こうじ、宮本えつこの3市議が参加した。

中本県代表はコロナ対策で「公明党は専門家会議の早期設置や、特別定額給付金の支給に尽力した」と強調。市議らは「市民生活の安心のため、全力で働く」と力説した。

日常生活を取り戻すために力を尽くすと述べる河野県代表(前列中央)ら=2日 大分市

【大分】公明党大分県本部(代表=河野成司県議)は2日、大分市内で街頭演説会を実施し、河野県代表、市議らが抱負を語った。河野県代表は、公明党がワクチン確保など新型コロナ対策に尽力してきたと力説。感染拡大防止に努力し、「少しでも早く皆さまに安全・安心を届け、日常生活を取り戻す」と決意を述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア