公明党トップ / ニュース / p135929

ニュース

2020年12月25日

信頼回復へ襟正せ

安倍氏 説明責任を尽くすべき 
中央幹事会で山口代表

公明党の山口那津男代表は24日午前、東京都新宿区の党本部で開かれた中央幹事会であいさつし、「桜を見る会」前夜祭を巡る問題で東京地検特捜部が安倍晋三前首相の公設秘書を略式起訴したことなどについて、大要、次のような見解を述べた。

中央幹事会であいさつする山口代表=24日 党本部

【安倍氏秘書の略式起訴】

一、安倍氏のこれまでの国会答弁と食い違う。国会として、食い違う答弁が数多くの議事録に残っている状態を放置しておくことは妥当ではない。安倍氏からは、国会に対しても誠実に対応するという姿勢が示されている。国会として、食い違いについて弁明の機会を確保する必要がある。

一、政治家がこうした法令に関する疑惑を向けられたならば、きちんと説明責任を尽くしていく姿勢が重要だ。現在、さまざまな報道や事件があり、政府・与党は姿勢を正して、国民の信頼を確保していく必要がある。政治のあり方については、公明党が果たすべき役割が大きい。政策課題への対応とともに、政治姿勢、政権運営で襟を正していきたい。

【来年の取り組み】

一、来年の通常国会では、今年度第3次補正予算案、来年度予算案の早期成立・執行を図り、国民に届くようにしたい。これからも与党の立場で政府と共に、新型コロナウイルスの感染拡大防止と社会・経済活動の両立という目標を実現するため、全力を尽くしていきたい。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア