公明党トップ / ニュース / p135708

ニュース

2020年12月24日

データ活用人材を育成

企業の教育事業視察 
竹内政調会長ら

山本代表取締役社長(右端)から教育プログラムについて説明を受ける竹内政調会長(左から3人目)ら=23日 都内

公明党の竹内譲政務調査会長と古屋範子女性委員長(副代表)は23日、都内にある東京大学エクステンション株式会社(山本貴史代表取締役社長)で、社会人を対象にしたデータ活用などに関する教育事業を視察した。竹谷とし子女性局長(参院議員)も参加した。

同社は、東京大学の研究者がビジネス分野でのデータや人工知能(AI)の活用などに関して専門的に教える教育プログラムを提供。山本代表取締役社長は、「データやAIを実践的に取り扱える人材を求めている企業は多い」と話した。

竹内政調会長は「データ社会を担う人材育成へ、リカレント教育(社会人の学び直し)を推進したい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア