公明党トップ / ニュース / p134890

ニュース

2020年12月19日

「イージス搭載艦」を導入

政府が閣議決定 陸上配備の代替策

政府は18日の閣議で、導入を断念した陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替策として、「イージス・システム搭載艦」2隻を新造する方針を決めた。巡航ミサイルなどに対応する迎撃ミサイル「SM6」を新たに搭載する方向だ。

岸信夫防衛相は閣議後の記者会見で「閣議決定に基づき、国民の命と平和な暮らしを守り抜くため、引き続き着実に防衛力の強化を図っていく」と述べた。

安倍晋三前首相は6月の記者会見で、陸上イージスの配備断念を契機に、日本を標的とする攻撃を相手国領域内で阻止する「敵基地攻撃能力の保有」を検討する考えを示した。退陣表明後の9月には「年末までにあるべき方策を示す」とする談話を出した。

これに関し、閣議決定文書は「抑止力の強化について、引き続き政府において検討を行う」との表現にとどめ、期限も区切らなかった。

同文書には、国産開発中のミサイル「12式地対艦誘導弾(SSM)」を5年間で長射程化し、陸海空のいずれからも発射できるようにする「スタンド・オフ防衛能力の強化」も明記した。

「抑止力」は今後の課題
長射程ミサイル、敵基地攻撃に使用せず
記者会見で石井幹事長

記者会見で見解を述べる石井幹事長=18日 衆院第2議員会館

公明党の石井啓一幹事長は18日午前、衆院第2議員会館で記者会見し、同日、政府が閣議決定した新たなミサイル防衛システムの整備や防衛能力の強化について見解を述べた。

石井幹事長は、閣議決定の中で抑止力の強化の検討が記載されたことについて、「政府でも検討が進んでいない。今後の検討課題だ」との認識を表明。「問題意識を持って議論していく必要はあるが、『敵基地攻撃能力』は、わが国の防衛のあり方を大きく変える方向性になるので、国民の理解を得ながら、じっくり腰を据えて議論する必要がある」と述べた。

既に導入が決まっている、敵の射程圏外から攻撃できる長射程の「スタンド・オフ・ミサイル」とは別に、新たな長距離ミサイルの開発を政府が決めたことについては、「自衛隊員に脅威が及ぶ範囲外から安全を確保しながら反撃できる目的で認められてきた経緯がある」と説明。新たな長距離ミサイルは陸海空から発射できるようになるが、「敵基地攻撃に使われるものではない」と強調し、「政府から改めて、しっかりと説明をしてもらいたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア