公明党トップ / ニュース / p133488

ニュース

2020年12月11日

「徹してやり抜く」実現力

加藤まさゆき 現 
墨田区(定数3)

加藤まさゆき 現 墨田区(定数3)

人情厚い下町地域をくまなく歩き、つかんだ課題の解決に挑む。徹してやり抜く行動の人。新たな発想から生まれた実績は豊富で、政策実現力は群を抜く。

広告収入を活用して“ゼロ予算”で屋根・ベンチ付きの都バスの停留所を133カ所に開設。8億円相当の設置費を軽減した。今後、400カ所までの拡大にも意欲を燃やす。

地域防災対策では、区と連携し災害時の避難所となる区立小中学校体育館に全国初のリース方式で冷暖房設置を実現。広域避難場所の都立東白鬚公園へのマンホールトイレ増設をリードした。区内では、スタンドパイプを取り付けて初期消火活動に使用する排水栓の増設も進む。

観光振興にも力を注ぐ。フリーWi―Fiスポットが都内7500カ所で利用可能に。増設した防災船着場を生かして、東京の水辺のにぎわいも創出した。

コロナ禍での不安を払拭し“住みたくなるまち墨田”の構築に走る。

党都本部中小企業局長。都議会財政委員会委員長。都議3期。創価大学卒。56歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア