公明党トップ / ニュース / p133177

ニュース

2020年12月10日

調布・狛江に安心を実現

中島よしお 現 
北多摩3区(調布市、狛江市)(定数3)

中島よしお 現 北多摩3区(調布市、狛江市)(定数3)

6期24年、都民のために身を粉にして働き続けてきた。国と連携して、2019年の台風19号で被害を受けた多摩川堤防の早期復旧と護岸補強工事を速やかに実施。災害時に垂直避難できる場所として、商業施設の立体駐車場を確保したほか、小中学校体育館への冷暖房設置を強力に推進した。

新型コロナ対策では、軽症・中等症患者向け専用医療施設の開設、高齢者・障がい者施設の利用者や職員へのPCR検査費用の補助を実現。不妊治療費助成制度の拡充や、多胎児家庭を支援するため、家事育児サポーターの派遣制度を推進し、妊娠、出産から子育てに至るまで切れ目のない支援を後押し。歩行者が安全に通行できるよう京王・飛田給駅の踏切を拡幅するなど徹して一人の声を形にしてきた。

これまで培ってきた「確かな力」で調布・狛江に安心を実現するため、“開かずの踏切”解消など公共交通網の整備や、安定した住宅供給、防犯対策の充実を誓う。

党中央幹事、同都本部代表代行。区議3期、都議6期。東京都立大学卒。70歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア