公明党トップ / ニュース / p132574

ニュース

2020年12月8日

いのちと暮らしを守る

長橋けい一 現 
豊島区(定数3)

長橋けい一 現 豊島区(定数3)

人口密度日本一の豊島区を災害から守るため、木密地域の不燃化を進め、ヘリポートを備えた防災公園を整備。地域の懸案だった豪雨時の浸水対策を進め、解決に導いた災害対策のエキスパート。

八つの劇場を備える複合施設「ハレザ池袋」や野外劇場が完成するなど発展目覚ましい豊島区。その“起爆剤”となった都市整備を加速する国の指定取得に多大な貢献を果たす。文化・芸術を中心にした街づくりが国から評価され、今年の「自治体SDGsモデル事業」に選定。都内初の快挙になった。

子育て支援にも全力を注ぐ。自閉症の子を持つ母親から相談を受け、都立大塚病院に児童精神科外来を設置。都の発達障がい者支援を大きく広げてきた。この4年間で区の保育定員を約1700人分増やし、待機児童ゼロの達成に尽力。「共働き子育てしやすい街ランキング」全国1位にも選ばれた。

笑顔あふれる東京、そして豊島へ! 命と暮らしを守る政策実現に全身全霊で挑む。

党都本部副代表、同豊島総支部長。都議5期。創価大学卒。豊島区生まれ。64歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア