公明党トップ / ニュース / p131488

ニュース

2020年12月2日

デジタル庁創設に期待

テレワーク導入 後押しを 
IT業でユーストーク 
党青年委

IT業界で働く若者と懇談する浜村副青年委員長(右端)=30日 衆院第1議員会館

公明党青年委員会(委員長=矢倉克夫参院議員)は30日夜、衆院第1議員会館と全国各地をインターネットで結んで「業種別ユーストークミーティング」を開き、浜村進副委員長(衆院議員)が、IT業界で働く若者と懇談した。

出席者からは、政府が創設をめざすデジタル庁について「IT業界としてビジネスチャンスになる」(埼玉県、30代男性)といった期待の声が。岡山県の30代男性は、社会のデジタル化を進める上で、情報格差を生まないよう「小中学校でITの基礎知識を養うことが重要だ」と提案した。

企業のテレワーク導入へ後押しを求める意見も多く上がり、宮城県の20代男性は、ITインフラが整っていない地域の実情を踏まえ「ネットワーク環境の整備に支援を」と主張。中小企業・自営業者を支援する「IT導入補助金」の充実を訴える声も出た。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア