公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p13142

ニュース

2018年10月12日

車いす乗降 より簡単に

展示会で福祉車など視察 
党プロジェクトチーム

最新の福祉車両について、出展企業の担当者から説明を受ける古屋副代表(前列左から2人目)ら=11日 東京・江東区

公明党のバリアフリー施策推進プロジェクトチーム(PT、座長=赤羽一嘉衆院議員)は11日、福祉機器の普及に向けた課題を探るため、都内の東京ビッグサイトで12日まで開催されている「国際福祉機器展」を訪れ、出展企業の関係者と意見を交わした。古屋範子副代表らも参加した。

福祉機器展は、最先端技術を活用した福祉車両や介護ロボットなど約20000点を展示。日本を含め世界から546社が参加している。一行は、車いすを車内で簡単に固定できる最新の福祉車両を視察。担当者は「(この設備で)介助者の負担も大幅に軽減できる」と説明した。

古屋副代表は、障がい者らが快適に移動できるよう「福祉車両の普及をしっかり支えていく」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア