公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p13130

ニュース

2018年10月12日

重要インフラを守れ

党防災プロジェクトチームなど 緊急点検で政府と議論

重要インフラの緊急点検についてヒアリングを行った党合同会議=11日 衆院第2議員会館

公明党の防災・減災ニューディール推進プロジェクトチーム(PT、座長=赤羽一嘉衆院議員)と、復興・防災部会(部会長=高木陽介衆院議員)は11日、衆院第2議員会館で、西日本豪雨や台風21号、北海道胆振東部地震などの災害を受けて政府が実施を発表した重要インフラの緊急点検について、関係省庁からヒアリングを行った。

席上、政府側は緊急点検について「一連の災害では、大規模停電や空港の浸水、河川の氾濫などが起こり、国民の生活に多大な影響が発生した。電力や交通、病院、河川など、全国の重要インフラを対象に、118項目を点検する」と説明した。政府は点検を踏まえて、11月末をめどに対策をまとめる。

席上、赤羽座長は「国民の命と暮らしを守る国土づくりは最優先課題だ。万全の対策を講じていかなければならない」と強調した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア