公明党トップ / ニュース / p131232

ニュース

2020年12月1日

高齢者施設 PCR検査

東京都、補助金受付 きょう開始

小池知事(右から3人目)に緊急要望する都議会公明党=8月31日 都庁

東京都は、新型コロナの重症化リスクの高い高齢者が入所する施設の利用者や職員への定期的なPCR検査などの費用を独自に補助する制度を設けており、きょう1日から補助金申請の受け付けを始める。期限は今月15日まで。

対象は、利用者の要介護度が高い定員30人以上の特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護医療院の約750施設。10月8日以降にPCR検査などを実施する契約を検査機関と締結し、来年3月31日までに完了する検査費に対して補助する。

今回の申請は主に、来年2月上旬までに検査が完了する施設が対象。申請書は、公益財団法人東京都福祉保健財団に提出する。第2回申請は、来年2月を予定している。

一方、障がい者施設への同様の補助申請は、既に都が受け付けている。

高齢者施設などでの定期的なPCR検査費に対する支援は、都議会公明党(東村邦浩幹事長)が知事へ繰り返し要望し、第3回定例会で10月に成立した補正予算に盛り込まれていた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア