公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p13120

ニュース

2018年10月12日

日中発展へ共に努力

与党交流で信頼強化 
山口代表 宋濤・中連部長と会談 
首脳往来 後押しも

宋中連部長(中央左)との会談に臨む山口代表(右隣)ら=11日 都内

公明党の山口那津男代表は11日午後、都内で日中与党交流協議会に参加するために来日している中国共産党中央対外連絡部(中連部)の宋濤部長らと懇談し、日中関係のさらなる発展に向けた政党間交流を続けていくことや、両国首脳間の相互往来の実現を与党として支えていくことを確認した。会談には、中国側から程永華・駐日中国大使ら、公明党側から北側一雄、古屋範子両副代表、斉藤鉄夫幹事長、高木陽介国会対策委員長らが同席した。

冒頭、山口代表は、宋中連部長ら一行の来日を心から歓迎。一行が日中与党交流協議会に出席するため北海道を訪問したことに触れ、「地震に見舞われた北海道の人々を勇気づけることになった。中国の国民に対し、北海道は安心して自然や文化を楽しめるとのメッセージにもなった」と述べた。

これに対し宋中連部長は「中国人民の日本に対する友情をお持ちした。地震や台風被害に遭われた方々が一日も早く、ふるさとを再建されることを心から祈っている」と語った。

日中関係の発展に向けて山口代表は、今年が公明党創立者の池田大作・創価学会名誉会長による日中国交正常化提言の発表から50周年、日中平和友好条約の締結から40周年の節目であることを踏まえ、「日中の政府だけでなく、与党としても両国関係を支え、さらに発展させていく役割を担うことを改めて確認したい」と力説した。

宋中連部長は、日中与党交流協議会などを通じて「胸襟を開いた交流は両国間の持続的な発展につながる。中国と日本は重要な隣国であり、中日友好は両国の国民にとっても重要だ。中国共産党と公明党が交流を積み重ね、相互信頼を築いていきたい」と語った。

両国関係の発展に向けた具体的な取り組みについて山口代表は、今月下旬に予定されている安倍晋三首相の訪中と、その後の習近平国家主席の来日が成功するように共々に努力し合いたいと強調した。

宋中連部長は、9月に行われた日中首脳会談で両国の首脳往来の推進などが確認されたことに触れ、「より一層、政党の立場から友好に努力すべきだ」と強調。また、「両国の地方同士の交流も深化させなければならず、両国が協力する余地は大きい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア