公明党トップ / ニュース / p131063

ニュース

2020年11月30日

公共交通の安全を確保

事業者の声聴く 
奈良で熊野氏

牧社長(左から2人目)らから話を聞く熊野氏(同4人目)ら=28日 奈良市

公明党の熊野正士参院議員は28日、奈良市で、明光バス株式会社(牧洋史代表取締役社長)が所有するバスの抗ウイルス・抗菌加工作業を視察するとともに関係者から要望を聞いた。県議、市議が同行した。

一行は、抗菌剤メーカーなどでつくる「抗菌製品技術協議会」(SIAA)から認証され、ウイルスの減少に効果があるとされる液剤を施工会社「清華堂」がバスの車両内に噴霧する作業を見学した後、意見交換。この中で牧社長は、施工費用への補助が自治体によって差があるとし、「より効果的に抗ウイルス・抗菌加工を施し、乗客や運転手を守るためにも、国の補助金が現場に行き届くよう支援してほしい」と要望した。

熊野氏は「国民が安心して公共交通機関を利用できるよう、対策を後押ししていきたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア