公明党トップ / ニュース / p130774

ニュース

2020年11月28日

児童手当見直しは慎重に

予算全体から財源捻出すべき 
待機児童解消へ石井幹事長

記者会見で見解を述べる石井幹事長=27日 衆院第2議員会館

公明党の石井啓一幹事長は27日午前、衆院第2議員会館で記者会見し、政府が待機児童解消の財源捻出に向け、子ども1人当たり月額5000円を支給する児童手当の「特例給付」の見直しや、所得制限の基準を世帯に変更する「世帯合算」を検討していることについて、「子育て支援のあり方から外れている。政府には慎重な議論を求めたい」と訴えた。

石井幹事長は、児童手当について、「創設以来、公明党は一貫して制度の拡充を推進してきた」と強調。民主党政権時に「年少扶養控除」が廃止されたものの、その代償として民主、自民、公明の3党合意で特例給付を設けた経緯を説明した。

その上で、現在は多くの家庭が共働きであることから、「特例給付の廃止や世帯合算にすると、コロナ禍で給付が減る家庭も出てくる。子育てにお金がかかるから共働きを選択しているのに、新たに負担が増えるのは避けるべきだ」と指摘。

待機児童の解消に向けては、「重要な課題だが、その財源は児童手当の見直しからではなく、予算全体から捻出していくことが本来のあり方だ」との考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア