公明党トップ / ニュース / p130091

ニュース

2020年11月25日

感染対策を徹底し実行

観光産業の下支えに効果 
山口代表

記者会見で見解を述べる山口代表=24日 衆院第2議員会館

公明党の山口那津男代表は24日午前、衆院第2議員会館で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が観光需要喚起策「Go To トラベル」事業の運用を見直すことについて、「基本的には、感染拡大防止策を徹底した上で事業を進めるべきだ」との考えを示した。

山口代表は、同事業の効果について、「観光地、観光産業の経済的な下支えとして一定の機能を果たしてきた。事業見直しで、その機運がそがれることに懸念する声もある」と指摘。事業見直しに向けた政府の考え方について、「事業そのものをやめる考えではない。緊急的に見直し、年末年始の行き来に備えようという考えだ」と述べた。

一方、東京地検特捜部が「桜を見る会」を巡り安倍晋三前首相の秘書らから任意で事情聴取したことには、「われわれは捜査を見守る立場だ。一方で、説明責任を尽くす立場が安倍前首相側にある」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア