公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p12964

ニュース

2018年10月10日

生活再建 全力で支援

被災した若手農家と懇談 
北海道安平町で三浦氏

髙林農園で、被害状況について話を聞く三浦氏(右から2人目)ら=8日 北海道安平町

公明党の三浦信祐青年局長(参院議員)は8日、北海道胆振東部地震で震度6強を観測した安平町を訪れ、被害に遭った若手農家らと懇談した。前川隆史道青年局長(札幌市議)のほか、工藤秀一町議、池田謙次・苫小牧市議が同行した。

一行が訪れた「髙林農園」では、地震直後から6日間停電。物流もストップしたことでジャガイモやカボチャなど約20トンが出荷できず、廃棄処分を余儀なくされた。髙林優一さんは、「来年の作付けにも不安が残る。補助金など支援策の情報が欲しい」と訴えた。

三浦氏は、「被災農家の生活再建を全力で後押ししていく」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア