公明党トップ / ニュース / p128403

ニュース

2020年11月14日

感染拡大阻止へ対策急げ

補正予算編成を要望 
都議会公明党

小池知事(右から3人目)に緊急要望する都議会公明党=13日 都庁

東京都議会公明党(東村邦浩幹事長)は13日、都庁内で小池百合子知事に対し、新型コロナ対策を強化するため新たな補正予算を編成するよう緊急要望した。

東村幹事長は、都内の感染者が3日連続で300人を超えたことなどを踏まえ、「感染拡大を阻止しなければならない」として医療体制の強化を要請。さらに、年末年始でも新型コロナの診察と検査がしっかりと維持されるよう、医療機関や医療従事者への支援を求めた。また、新型コロナによって打撃を受けた中小企業・小規模事業者が年末年始を乗り切るための十分な資金繰り支援を要望した。

一方、新型コロナの影響で離職を余儀なくされた都民に対し、就業や生活、居住の万全な支援を強く求めた。

小池知事は「頂いた要望を踏まえながら工夫を凝らしていく」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア