公明党トップ / ニュース / p128080

ニュース

2020年11月12日

福祉用具巡る課題聞く

団体も参加、党懇話会が初会合

福祉用具を巡る課題を聞いた党議員懇話会の初会合=11日 衆院第2議員会館

公明党の「福祉用具議員懇話会」(会長=北側一雄副代表)は11日、衆院第2議員会館で初会合を開き、福祉用具サービスを巡り、日本福祉用具供給協会の小野木孝二理事長と全国福祉用具専門相談員協会の岩元文雄理事長から課題を聞き、要望を受けた。

北側会長は、高齢者らの生活を支える福祉用具を、今後も必要な人が安心して使っていけるよう取り組む考えを表明した。

小野木理事長は、政府内の一部で議論されている、歩行器などを貸与から販売種目へと見直すことについて「身体状況に適さなくなっても使い続けることを招き、転倒など重度化につながる可能性が高まる」と指摘。貸与種目として維持するよう求めた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア