公明党トップ / ニュース / p127931

ニュース

2020年11月11日

竹ノ塚駅 高架化急げ

促進連絡協、国交相に要請 
岡本氏が同席

赤羽国交相(左から4人目)に要望する協議会メンバーと岡本氏(左から2人目)ら=10日 国交省

公明党国土交通部会の岡本三成部会長(衆院議員)は10日、竹ノ塚駅付近鉄道高架化促進連絡協議会(会長=近藤やよい足立区長)の代表者と共に国土交通省を訪れ、赤羽一嘉国交相(公明党)に対し、同駅の鉄道高架化早期実現に関する要望書を手渡した。

要望では、東武伊勢崎線・竹ノ塚駅付近での連続立体交差事業について、全線高架化に向けた継続的な財政支援を要請。駅前広場や街路の整備のための財源確保も求めた。

岡本氏は「竹ノ塚駅の高架化は、公明党のネットワークを通じて長年取り組んできた。これを起点に、全国の交通対策をさらに広げていきたい」と述べた。

赤羽国交相は「しっかり取り組む」と応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア