公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p12729

ニュース

2018年10月6日

教育負担の軽減を前へ

高瀬さん 女性党員研修会で強調
長崎市、佐世保市

女性党員研修会で国政報告を行う高瀬さん

公明党長崎県本部女性委員会(委員長=向山宗子・長崎市議)はこのほど、長崎市と佐世保市で女性党員研修会を開催し、高瀬弘美参院議員が国政報告を行った。これには、向山委員長と湯田清美副委員長(諫早市議)のほか、川崎祥司、宮本法広の両県議も参加した。

高瀬さんは、教育負担の軽減について言及。来年10月から、全ての3~5歳児と住民税非課税世帯の0~2歳児を対象に、幼稚園や認可保育所、認定こども園のほか、自治体が認定する認可外保育施設を対象に費用が無償化されると紹介。さらに、私立高校の無償化や、大学・専門学校の授業料減免による無償化についても言及した。

高瀬さんは「公明党は教育負担の軽減を着実に前に進めている」と強調し、「さらなる教育支援の拡充に向け、党を挙げて取り組んでいく」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア