公明党トップ / ニュース / p125763

ニュース

2020年10月27日

四日市港岸壁の整備などを要望

赤羽国交相に三重県知事ら

赤羽一嘉国土交通相(公明党)は26日、国交省で三重県の鈴木英敬知事らから、国際拠点港湾である四日市港の機能強化について要望を受けた。公明党の浜田昌良、新妻秀規の両参院議員が同席した。

鈴木知事らは、四日市港霞ケ浦地区北ふ頭において、コンテナ取扱量の増加や大型船舶に対応し、大規模災害時にも物流機能を維持するため、耐震強化岸壁の来年度の新規事業化を要望した。また、整備中の東海環状自動車道について、早期全線開通を求めた。

赤羽国交相は「しっかり推進していく」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア