公明党トップ / ニュース / p125597

ニュース

2020年10月25日

防災対策、着実に推進

石井幹事長 治水や道路の要望聞く 
長野で政策懇談会

党長野県本部の政策懇談会であいさつする石井幹事長=24日 長野・上田市

公明党の石井啓一幹事長は24日、党長野県本部(代表=太田昌孝衆院議員)が同県上田市と飯田市で開催した政策懇談会に出席し、「ネットワークの力で地域の発展に尽くす」とあいさつした。これには県内31市町村の首長らのほか、地域の企業・団体の代表者が参加して要望を行った。

上田市の懇談会では、昨年10月の台風19号災害で越水した千曲川の堤防強化を求める声が多数上がった。石井幹事長は、国が流域全体で取り組んでいる緊急治水対策プロジェクトに言及した上で、「着実に対策が進んでいくよう全力で後押ししていく」と述べた。

一方、飯田市では、リニア中央新幹線の中間駅が同市に設置されることを踏まえ、駅前開発とアクセス道路整備に関する支援の必要性や、長野と愛知、静岡の各県をつなぐ三遠南信自動車道の全線開通などに向けて意見が交わされた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア