公明党トップ / ニュース / p125406

ニュース

2020年10月24日

きょう国連創設75周年 山口代表が祝意メッセージ

きょう24日、国連が創設75周年の佳節を迎えたことに際し、公明党の山口那津男代表は、国連のグテレス事務総長宛てに祝意のメッセージを送った。

この中で山口代表は、今後の国連改革について「公明党も連立与党としてSDGs(持続可能な開発目標)の推進をはじめ国連改革への意欲を示す(日本)政府をしっかり後押ししていく」と力説。また、「唯一の戦争被爆国であるわが国が核兵器廃絶に向け国際社会の合意形成に力を尽くせるよう機運を高めていく」と強調した。

国連創設75周年 山口代表のメッセージ(全文)

SDGs、核廃絶合意形成に尽力

公明党の山口那津男代表が国連のグテレス事務総長に寄せた国連創設75周年に対する祝意のメッセージは次の通り。

国際連合創設75周年の佳節に際し、日本国公明党を代表し、謹んで慶祝の意を表します。

新型コロナウイルス感染症対策をはじめ、気候変動や自然災害など地球規模の課題が増え、多国間協議の場が求められている今日、国連の存在意義はかつてなく高まっています。

日本政府は国連諸機関と緊密に連携し、ポストコロナを見据え、国連の取り組みを一層効果的なものにすべく改革を進めていく立場を明確にしております。公明党も連立与党として、SDGsの推進をはじめ国連改革への意欲を示す政府をしっかり後押ししてまいる所存です。

また、広島・長崎への原爆投下から75年という節目に、唯一の戦争被爆国であるわが国が核兵器廃絶に向け国際社会の合意形成に力を尽くせるよう機運を高めてまいりたいと存じます。

これまでの国連改革における貴殿のご貢献に敬意を表しますとともに、創設80周年に向けたさらなる飛躍のために一層のリーダーシップを発揮されることを期待しております。

国連の益々の発展と、貴殿のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア