公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p12396

ニュース

2018年10月4日

「タイムライン」普及を

台風21号被害 中小向け融資創設へ 
大阪府議会で山下議員

質問する山下議員=3日 大阪府議会

大阪府議会本会議が3日行われ、公明党の山下浩昭議員が代表質問した。

防災行動を時系列でまとめた「タイムライン」の減災効果について山下議員は、今年8月から大規模水害を想定し、寝屋川流域の11市と府や国、民間事業者が連携して策定したタイムラインが運用されたことに言及。台風20、21、24号の際に一定の成果を上げたことから、各市町村での策定を積極的に働き掛けるよう求めた。府は、市町村との勉強会を開催するなど、策定や運用に関するノウハウを共有していく考えを示した。

また、山下議員は台風21号による被害を受けた中小企業への早急な支援策の実施を要望。府は「年0.9%の新たな低利融資制度を創設する」と明言した。

このほか、山下議員は来年6月に大阪で開催されるG20サミット(20カ国・地域首脳会議)の機運醸成とともに「未来を担う子どもたちが世界に目を向けるきっかけにしていくべき」と力説。府は、サミットの意義などを記した子ども向け冊子を作成すると応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア