公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p12340

ニュース

2018年10月3日

無戸籍者の住民票記載 就籍手続き中でも可能

総務省が自治体に通知、党プロジェクトチームに説明

無戸籍者の住民票記載に関して総務省から説明を受ける党プロジェクトチーム=2日 衆院第2議員会館

総務省は2日、戸籍を持たない日本人が家庭裁判所の許可を得て新たに戸籍をつくる「就籍」手続き中の無戸籍者に対し、各市区町村長の判断により、職権で住民票に記載することができるとした通知を各都道府県に発出した。

同日、衆院第2議員会館で開かれた公明党の無戸籍問題等プロジェクトチーム(PT、座長=富田茂之衆院議員)の会議では総務省が通知について説明した。

総務省は「無戸籍者の不利益を少なくしたい」と述べた上で、虚偽の申し立てにより二重に住民票が作成されることを防止する必要性を指摘。防止策として、母子健康手帳や本人と父または母とのDNA鑑定書など、日本人の子どもであることが推認できるような証明書の提出を求めるほか、本人が居住していることを示す郵便物などで本人の同一性を確認することなどを挙げた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア