公明党トップ / ニュース / p123041

ニュース

2020年10月4日

公明、党大会で勇躍出発

山口代表再任、幹事長に石井氏

新体制を担う決意を新たにした山口代表(中央左)と石井幹事長(同右)、北側中央幹事会会長(右端)、竹内政調会長=9月27日 東京・千代田区

公明党は9月27日、東京都千代田区の都市センターホテルで第13回全国大会を開催しました。

大会では、代表選出が行われ、党規約17条3項の規定に基づき、ただ1人の代表選出候補と確定した山口那津男代表が出席代議員の起立総員で信任を得て再任されました。山口代表は新役員を指名し、石井啓一幹事長、北側一雄中央幹事会会長、竹内譲政務調査会長ら本部役員36人が挙手多数で承認されました。

党代表に再任された山口代表は「政治に求められているのは、新型コロナウイルス感染症の脅威から国民の命と健康、生活を守ることだ。感染拡大防止と社会・経済活動を両立させ、国民の安全・安心を取り戻し、再び発展、繁栄への道筋を切り開かねばならない」と述べ、コロナ禍の克服に総力を挙げると強調しました。

石井幹事長は幹事長報告で、今後の政治課題について、ポストコロナ時代に向けた“希望と安心の社会ビジョン”の必要性を指摘。政務調査会長報告で竹内政調会長は、ポストコロナを希望と安心の時代へと変革する新たな政策ビジョンとして、重要政策「“つながり”“支えあう”社会へ」を発表しました。

党大会では、来賓として菅義偉首相(自民党総裁)が出席し、あいさつ。創価学会の萩本直樹主任副会長(中央社会協議会副議長)らも来賓として出席しました。

党大会後に開かれた第1回中央幹事会では、常任役員人事を了承し、代表指名人事で太田昭宏全国議員団会議議長、幹事長指名人事で新たに西田実仁選挙対策委員長が就任。高木陽介国会対策委員長が再任されました。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア