公明党トップ / ニュース / p122562

ニュース

2020年10月1日

不妊治療 支援を推進

党政調がプロジェクトチーム設置

公明党政務調査会(竹内譲会長)は30日、「不妊治療等支援推進プロジェクトチーム(PT)」を設置した。

子どもの誕生を願いながら、不妊症や不育症などにより、度重なる不妊治療で経済的・精神的に負担を抱えるカップルを支援することが目的。

不妊治療の保険適用や助成制度の拡充をはじめ、不妊治療・不育症の治療水準の向上、治療と仕事を両立できる環境整備、相談・カウンセリング体制の拡充、里親・特別養子縁組への橋渡しなどについて、検討を加え、推進する。体制は次の通り。

▽顧問 高木美智代、山本香苗、秋野公造

▽座長 伊佐進一

▽副座長 矢倉克夫、伊藤孝江

▽事務局長 佐々木さやか

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア