公明党トップ / ニュース / p122124

ニュース

2020年9月27日

雇用守り経済回復へ

稲津氏 コロナ禍の対策に全力 
北海道岩見沢市で女性懇談会

コロナ禍を巡る対策について報告する稲津氏=26日 北海道岩見沢市

公明党の稲津久衆院議員は26日、北海道岩見沢市で地域で活躍する女性リーダーとの懇談会を開催し、これまで取り組んできたコロナ禍を巡る対策などについて意見を交わした。

稲津氏は、コロナ禍に関連する6万人超の解雇・雇い止めのうち、約7割を女性が占める現状を述べた上で、休業手当を支払って従業員の雇用を継続した企業に支給する雇用調整助成金の申請手続きを簡素化するなど「雇用を守る迅速な支援が現場に行き渡るよう全力を挙げてきた」と強調。今後も経済回復に向けた対策に全力で取り組み、万全を期す考えを示した。

参加者からは「深刻化する児童虐待に対応できるよう、児童相談所の体制強化を」「ひとり親家庭へのさらなる経済的支援が必要」などの意見が寄せられた。稲津氏は「皆さんの声を、具体的な政策として実現していく」と応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア