公明党トップ / ニュース / p121947

ニュース

2020年9月26日

コロナ対策に力尽くす 

愛知の支部会であいさつ 
伊藤(渉)氏

党知立支部の支部会であいさつする伊藤(渉)氏=24日 愛知・知立市

公明党の伊藤渉衆院議員(党愛知県本部代表)は24日、愛知県知立市の党知立支部(支部長=杉山千春市議)が新型コロナウイルス感染拡大後、初めて開いた支部会に参加し、あいさつした。

伊藤氏は、公明党がコロナ対策において「国内初の治療薬として承認されたレムデシビルの活用、迅速で質の高い抗原検査の導入を推進してきた」と報告。ワクチンを共同購入する国際枠組み「COVAXファシリティー」への日本の参加を公明党が後押しし、この取り組みに携わる団体から党へ礼状が届いたことも述べ「公明党が国を動かし、対策が前進している。これからも感染予防、経済対策、ワクチン確保などに力を尽くす」と話した。さらに防災・減災に取り組む決意を語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア