公明党トップ / ニュース / p121616

ニュース

2020年9月21日

事業継続へ支援 必要

飲食店経営者と懇談 
横浜市で遠山氏

古畑さん(手前右)から話を聴く遠山氏(左端)=20日 横浜市

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、今後必要な支援策を調査するため、公明党の遠山清彦衆院議員は20日、横浜市保土ケ谷区内にある飲食店を訪問し、経営者の古畑キヨカさんらと懇談した。

この中で古畑さんは、コロナ禍での経営状況について「売り上げが大きく減少し、事業経営が厳しくなった。このまま維持できるかどうか考えていた中、国の持続化給付金には大変助けられた」と述べた。

その上で、「感染防止対策を講じているが、客足がいつ戻るか分からない。引き続き、事業継続に向けた支援を行ってほしい」と語った。

遠山氏は、雇用維持と事業継続に向けてしっかり取り組むと強調。また、国民の命と健康を守るため、ワクチン確保に向けた公明党の取り組みを紹介するとともに、「一日でも早くワクチンが供給できるよう対策を進めていきたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア