公明党トップ / ニュース / p121288

ニュース

2020年9月19日

コラム「北斗七星」

本紙13日付1面「東日本大震災9年6カ月 復興の道 見て感じて/みちのく潮風トレイル」に掲載したドローン(小型無人機)による空撮動画に多くの反響が寄せられている。青森・八戸市から岩手・宮古市まで沿岸被災地の自然歩道を、東日本大震災からの「復興の今」を伝える象徴として3分間の動画にまとめた◆視聴した読者から、「コロナ自粛の中、旅行気分が味わえて良かった」「行きたくても行けない所をドローンと一緒に飛べた」「三陸海岸の“今”を体感できた」――など喜びの声を頂いた◆ドローンでの撮影は普段の取材と勝手が違う。まずドローンの操縦に技術の習得が必要。飛行させるために、航空法や条例などに基づく書類を作成し、最後は天候との勝負。今回の撮影では、何度も濃霧に泣かされたそうだ。それでも日常では目にすることができない魅力的な映像を撮ることができれば、苦労も報いられる◆電子版独自コンテンツには15日から、本紙に掲載したドローンによる空撮映像をまとめたページ「公明新聞ドローンプロジェクト」を新たに開設した(有料会員限定)。未公開分も視聴できる◆今後も本紙と電子版は、読者の皆さんに喜んでもらえるよう、より魅力的な新しい企画に挑戦したい。引き続き、ご愛読をお願いいたします。(和)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア