公明党トップ / ニュース / p121281

ニュース

2020年9月19日

改革へ全面的に協力

コロナ対策、デジタル化 迅速に 
記者会見で斉藤幹事長

記者会見で見解を述べる斉藤幹事長=18日 衆院第2議員会館

公明党の斉藤鉄夫幹事長は18日午前、衆院第2議員会館で記者会見し、マスコミ各紙の世論調査で菅義偉新内閣に対する支持率が高いことに触れ、「菅首相が掲げた新型コロナウイルス対策、デジタル庁設置、行政改革、規制改革など具体的な政策への期待が高まっている。速やかに実行できるように与党として新内閣を支えていきたい」と力説した。

斉藤幹事長は、新内閣の顔ぶれについて、「本当に仕事ができる人、改革意欲のある人が並んだ『実務者内閣』だ」と強調。その上で、菅首相が閣僚に指示した改革への取り組みについて、「公明党としても、やらないといけないと考えている内容だ。全面的に協力していきたい」と述べた。

一方、菅首相が、首相主催で開かれてきた「桜を見る会」を2021年以降、中止すると表明したことには、「桜を見る会には、いろいろな問題が国会でも指摘されてきた。その問題点を把握した上で、中止するという判断をしたことは評価したい」との見解を示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア