公明党トップ / ニュース / p120865

ニュース

2020年9月15日

支援策で観光回復

宮城県知事が赤羽国交相に表明

村井知事(奥右端)の話を聴く赤羽国交相(手前右から2人目)=13日 宮城県庁

赤羽一嘉国土交通相(公明党)は13日、宮城県庁を訪れ、コロナ禍で打撃を受けている国内観光の需要喚起を巡り村井嘉浩知事と意見交換した。

席上、村井知事は、政府の観光支援事業「Go To トラベル」について触れ「8月の県内への観光客は堅調に回復している。『Go To』がなければ落ち込みはさらに激しかった」と国の取り組みに謝意を表明。さらに10月からの東京の追加に期待を示した。

また、村井知事は東日本大震災から9年半を迎えたことに言及し「国や市町村とよく連携し、復興の総仕上げに一層取り組みたい」と述べた。

赤羽国交相は「宮城、東北の観光回復と復興を全力で後押しする」と語った。

これに先立ち、赤羽国交相は仙台市内で開かれた県内の観光関係者との意見交換会に出席した。いずれも公明党の県議が同席した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア