公明党トップ / ニュース / p120087

ニュース

2020年9月8日

被災地の復興を加速

再稼働した浄水場を視察 
北海道厚真町で稲津厚労副大臣

再稼働した富里浄水場について宮坂町長(左から2人目)から説明を受ける稲津副大臣(同4人目)ら=7日 北海道厚真町

稲津久厚生労働副大臣(公明党)は7日、北海道厚真町を訪れ、2018年9月の胆振東部地震による被害から復旧し、再稼働した富里浄水場などを視察した。これには地元議員らが同行した。

同浄水場は、地震による裏山の大規模な土砂崩れによって設備が損壊。町内への配水ができなくなっていたが、懸命な復旧工事によって今年7月に再稼働した。案内した宮坂尚市朗町長は、「斜面の崩落防止対策や周辺の道路整備など、引き続き支援をお願いしたい」と要望した。

稲津副大臣は、「インフラの整備は、この2年間で着実に進められている。今後ますます住民に寄り添い、被災地の復旧・復興を加速させていく」と語った。

この後、稲津副大臣は、表町公園仮設住宅を訪問し、入居者と懇談。間もなく2年間の入居期限を迎えることを踏まえ、転居先の確保状況などについて話を聞いた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア