公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p11942

ニュース

2018年9月28日

調和の取れた熱帯林開発へ力を注ぐ

山口代表とITTO事務局長が懇談

公明党の山口那津男代表は27日、衆院第1議員会館で、国際熱帯木材機関(ITTO)のゲアハート・ディタレ事務局長と懇談した。ITTOは熱帯林資源の保全などを目的とした国際機関で、横浜市に本部を置いている。

山口代表は「調和の取れた熱帯林の資源開発に向けて、力を注いでいく」と語った。ディタレ事務局長は二酸化炭素(CO2)吸収など熱帯林の役割を強調し、持続可能な利用へ「日本と協力したい」と述べた。

上田勇神奈川県代表(前衆院議員)、谷合正明党国際局次長(参院議員)、横浜市議が同席した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア