公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p11921

ニュース

2018年9月28日

マツ川候補 必ず勝利

医療、福祉の支援拡充めざす 
沖縄・宜野湾市長選で金城県代表訴え

「断じて勝利を」と、マツ川候補(右)の必勝を訴える金城県代表=27日 沖縄・宜野湾市

大激戦が繰り広げられている沖縄県宜野湾市長選は、30日(日)の投票日まで、あと2日に迫った。前副市長で新人のマツ川正則候補=公明、自民、維新推薦=は27日、同市内で街頭演説を行い、「何としても勝たせてください!」と力説した。公明党沖縄県本部の金城勉代表(県議)が駆け付け、必勝を訴えた。

マツ川候補は、米軍西普天間住宅跡地の国際医療拠点化や、真栄原地域への総合福祉センター整備など、医療、福祉に対する支援を充実させると強調。「生まれ育った宜野湾市の発展のため、最後まで戦い抜く」と決意を訴えた。

一方、金城県代表は「市長に必要なのは、政策の実現力であり実行力だ。宜野湾市を“成長力ナンバーワン”の都市にまで押し上げた、マツ川候補こそ市長にふさわしい」と力説し、絶大な支援を呼び掛けた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア