公明党トップ / ニュース / p119144

ニュース

2020年8月29日

風疹予防接種継続を

厚労相に申し入れ
関係団体と古屋副代表

風疹予防接種で加藤厚労相(中央)に申し入れる可児共同代表(右隣)、古屋副代表(右端)ら=28日 厚労省

「風疹をなくそうの会『hand in hand』」の可児佳代共同代表らは28日、公明党の古屋範子副代表と共に、厚生労働省で加藤勝信厚労相と会い、風疹の予防接種クーポン券の配布事業を継続するよう求める要望を提出した。

NPO法人「VPDを知って、子どもを守ろうの会」(菅谷明則理事長)と千葉県保険医協会(岡野久会長)の代表者も出席した。

席上、可児共同代表らは新型コロナウイルスの感染拡大により、風疹の予防接種をちゅうちょする人が少なくないと指摘。他世代に比べて抗体保有率が低い1962年4月2日から79年4月1日生まれの男性(41~58歳)について、厚労省の目標である抗体保有率90%に到達するまでクーポン券を配布するよう要望した。

加藤厚労相は、検討していく考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア