公明党トップ / ニュース / p119132

ニュース

2020年8月29日

政権の安定 大きな功績

突然の辞意に驚き、極めて残念
記者団に山口代表

記者団の質問に答える山口代表=28日 国会内

公明党の山口那津男代表は28日、国会内で記者団に対し、安倍晋三首相が辞意を表明したことや、その前に首相と会談した模様について、大要、次のような見解を述べた。

一、(首相会見について)突然の辞意に大変驚いている。7年8カ月、政権を安定させ、直面する大きな課題に共に力を合わせて取り組んできただけに、このような形で辞任されるのは極めて残念な思いだ。政権が取り組んできた課題は残っているので、引き続き、国民の期待に応えられるよう、政権の安定と政策実現に努力していきたい。

一、(安倍政権の成果について)7年8カ月も政権が続いたということ自体が大きな功績だと思う。教育の無償化を大きく進めて全世代型社会保障の基盤をつくり、軽減税率も実施した。これは後世に残る立派な業績だ。外交面では、多国間の経済連携で日本がリーダーシップを示したのは評価すべきだ。日中関係も前政権末期の危機的な状況から乗り越えられた。これからも、自公連立政権の構造は変わらない。力を合わせて内外の課題に応えていきたい。

一、(首相との会談について)首相から辞任の意向を正式に伝えられた。新型コロナウイルスに対応する中、迷惑を掛けないベターなタイミングは今しかないと判断したとのことだった。これから自民党として総裁選を行い、次の総裁を選んでいきたいと話があった。私からは、やり残した課題について、しっかり責任を持って対応していく。お体をいたわって体調が回復することを望んでいると話した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア