公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p11840

ニュース

2018年9月27日

スナノミ症予防へ靴送る

日本リザルツ ケニアに約1万足 
公明、各地で回収に協力

靴が入った段ボール箱を運ぶ法人スタッフら=26日 都内

寄生虫による皮膚疾患で、足などに感染する「スナノミ症」。ケニアをはじめアフリカで深刻な問題となっているが、感染の大きな要因は貧困で靴を買えないことにある。このため、不要になった靴を届ける活動に取り組むNPO法人「日本リザルツ」は26日、全国から集まった約1万足の靴をケニアに送った。靴は船で輸送し、約1カ月後にケニアに届く。

都内の事務所では、法人スタッフが学生ボランティアと共に、靴が入った大量の段ボール箱をトラックに積む作業を行った。同法人の長坂優子さんは、「皆さんから頂いた真心をケニアの子どもたちに届ける」と語った。

公明党はこれまで、神奈川県本部のスクスク子育てプロジェクトチーム(座長=佐々木さやか参院議員、参院選予定候補=神奈川選挙区)が7月に1660足を同法人に寄託するなど各地で回収に協力してきた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア