公明党トップ / ニュース / p117740

ニュース

2020年8月16日

日本遺産 観光の目玉に

静岡・藤枝市の旅籠を視察 
大口氏

炊事場を再現したコーナーで関係者の話を聞く大口氏(右端)ら=15日 静岡・藤枝市

公明党静岡県本部の大口善徳代表(衆院議員)は15日、静岡県藤枝市にある国の有形文化財「大旅籠柏屋」を訪れ、6月に文化庁の日本遺産に認定された「日本初『旅ブーム』を起こした弥次さん喜多さん、駿州の旅」について北村正平市長や関係者に話を聞いた。県議らが同行した。

「駿州の旅」は32の文化財から構成され、江戸時代後期に建てられた柏屋もその一つ。市担当者は、国の財政支援がある今後3年間で地域振興につなげたいとし、「観光分野の主力へと発展させたい」と語った。北村市長は「住民が地域の魅力に気付き、盛り上がりにつながれば」と述べた。

大口氏は「党のネットワークの力を生かしてサポートしていく」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア