公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p11662

ニュース

2018年9月25日

公明グラフ秋季号、好評発売中

特集「2019年 参院選に挑む」党の予定候補を紹介 
中林・明治大学研究推進員―井上幹事長 
対談「今こそ求められる『命を守る』国づくり」

公明グラフ秋季号

来夏の参院選に向けて、予定候補13人を紹介している「公明グラフ2018秋季号」(オールカラー)が好評発売中です。

全国約3000人の公明議員が住民の元に足を運び、生活に身近な「子育て」「介護」「中小企業」「防災・減災」の4テーマについて、3カ月間にわたってアンケートを繰り広げた「100万人訪問・調査」運動の集計結果が発表されました。その主な内容を石田祝稔政務調査会長のインタビューと合わせて、紹介しています。

このほか対談では、世界有数の自然災害発生国である日本で、「今こそ求められる『命を守る』国づくり」について、都市防災や災害復興に詳しい中林一樹・明治大学研究推進員と井上義久幹事長が語り合いました。中林氏は「福祉と防災・減災を一緒に構築するという考え方を国づくりの主流に」と公明党に期待を寄せています。

特集の「2019年 参院選に挑む」では、選挙区7人、比例区6人の公明党予定候補者の実績や語り口を一挙掲載。党勢拡大への語らいに、ぜひご活用ください。

「公明グラフ2018秋季号」は1部205円(本体価格190円)。ご購読希望の方は、「公明出版サービス」(http://komeiss.jp)へ。電話でのお申し込み・お問い合わせ(平日午前9時から午後5時まで)は℡0120-959-947(無料)まで。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア