公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p11642

ニュース

2018年9月25日

ペットとの避難に備えて

環境省、飼い主向け冊子作成 
公明が国会質問で後押し

環境省は10月にも、ペットの飼い主向けに災害時の避難方法などをまとめた冊子「災害、あなたとペットは大丈夫? 人とペットの災害対策ガイドライン<一般飼い主編>」を都道府県と政令市、中核市に配布する。災害に対する日ごろの備えや、飼い主とペットが一緒に避難する「同行避難」に関する情報などが盛り込まれており、同省は配布に先立ち、ホームページに冊子の内容を掲載した。

ペットの災害対策では、一昨年4月に発生した熊本地震などでの教訓を生かした自治体向けの指針が策定されている。今回は指針を基に、A4判23ページの冊子にまとめた。

冊子は、災害に備えて(1)ペットのワクチン接種と寄生虫駆除(2)ペットをケージに慣れさせる訓練(3)飼い主とペットの非常食の準備――などの対策を行うよう明記。また、災害発生前から発生後1週間までの同行避難の流れをフロー図で掲載しているほか、ペットの受け入れ可能な避難所を把握しておくことも勧めている。

環境省は冊子の配布と合わせて、飼い主に周知するよう都道府県などに呼び掛ける。

災害時のペットの同行避難を巡って公明党は、東日本大震災や熊本地震などでの経験を踏まえ、国と地方で対策を進めてきた。今年2月23日の衆院予算委員会分科会では、党動物愛護管理推進委員会事務局長の中野洋昌氏が、避難所を運営する自治体の備えや飼い主の心構えを促すよう環境省に訴え、同省から「各自治体における人とペットの災害対策がより一層促進されるよう支援していく」との答弁を引き出した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア