公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p11584

ニュース

2018年9月24日

マツ川候補 必勝へ総力

斉藤氏が支援訴え 市民生活の向上めざす 
沖縄・宜野湾市長選告示、30日投票

マツ川候補(右)の勝利へ、絶大な支援を呼び掛ける斉藤選対委員長=23日 沖縄・宜野湾市

さきま淳前市長の沖縄県知事選出馬に伴う宜野湾市長選(30日投開票)は23日告示され、同市の前副市長で新人の、マツ川正則候補=公明、自民、維新推薦=が出馬し、革新政党などが推す新人候補との1票を争う激しい選挙戦がスタートした。

マツ川候補は同日午前、市内で開かれた出陣式に臨んだ。公明党の斉藤鉄夫選挙対策委員長が駆け付け、支援を訴えた。

斉藤選対委員長は「さきま市政を副市長として支え、宜野湾市を“成長力ナンバーワン”の都市にしたのが、マツ川候補だ」と強調。「米軍普天間飛行場の返還と、既に返還されている西普天間住宅跡地の国際医療拠点化を実現できるのは、マツ川候補以外にない」と必勝を呼び掛けた。

マツ川候補は「子育て環境の整備など市民生活の向上をめざし、(さきま氏の)“宜野湾が一番”との政策を継承し、さらに発展させる」と決意を訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア