公明党トップ / ニュース / p115626

ニュース

2020年8月2日

振興への工夫を後押し

ワイナリー訪れ誘客策聴く 
北海道岩見沢市で山口代表と稲津氏

「宝水ワイナリー」を視察する山口代表(右から2人目)、稲津氏(左隣)ら=1日 北海道岩見沢市

公明党の山口那津男代表は1日、北海道岩見沢市の「宝水ワイナリー」を訪れ、倉内武美代表取締役や仁志正樹・市観光協会会長、松野哲市長らと今後の観光客誘致策などについて意見を交換した。これには稲津久衆院議員のほか、阿知良寛美、荒当聖吾の両道議が同行した。

倉内代表取締役は、「コロナ禍の影響で客足は厳しいが、にぎわいを取り戻している日もある」と現状を説明。

仁志会長は、同観光協会が企画した貸し切りタクシーでワイナリーや観光地などを巡るツアー「ワインタクシー」の取り組みを紹介し、「近距離旅行を楽しむマイクロツーリズムをさらに進めたい」と意欲を語った。

山口代表は、「地域のアイデアが生きた観光振興への取り組みだ。そうした工夫が実を結ぶよう後押ししたい」と話した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア