公明党トップ / ニュース / p115539

ニュース

2020年8月3日

7月豪雨 被災者へ支援

党岐阜県本部が募金に協力 

募金活動に協力する党岐阜県本部の議員ら=2日 岐阜市

「岐阜県令和2年7月豪雨被災者救援の会」(野村保夫代表)は2日、岐阜市の岐阜駅前で街頭募金活動を行った。公明党同県本部(代表=水野吉近県議)の県議、岐阜・山県両市の市議らが協力した。

水野県代表らは、今回の豪雨で河川が氾濫し、高山、下呂地域などで家屋への土砂流入や浸水があったことに触れ「いまだに片付けに追われている被災者もいる。復興に向けて、皆さまの真心の支援をお願いしたい」と訴えた。これに対し、多くの通行人が足を止め、募金に応じていた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア