公明党トップ / ニュース / p114856

ニュース

2020年7月31日

断水が生活に打撃

住民ニーズ踏まえ復旧促進 
党山形県本部が尾花沢市など調査

給水に訪れた住民を手伝う(右から)菊池、小関の両議員=30日 山形・尾花沢市

最上川の氾濫で各地に浸水被害が発生した山形県では、公明党同県本部(代表=菊池文昭県議)の議員団が現地を調査し、被災者から要望を聴き取っている。

30日は、水源場の浸水で5429世帯が断水している尾花沢市と大石田町を菊池代表と小関英子市議が視察。市役所では給水車による水の提供が行われ、住民がひっきりなしに訪れる。同市内に家族5人で暮らす戸田秀夫さん(78)は「車で小一時間かけて東根市のコインランドリーで洗濯している。水道のありがたさが身にしみた」と話し、水道の早期復旧を求めた。

菊池代表は、高橋富美子新庄市議と大蔵村の肘折温泉の被害状況も調査。視察を終えた菊池代表は「被害が広域で起きている上、地域によって課題が異なる。地方と国の公明議員の連携を密にし、住民のニーズに応える支援策を前に進めたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア