公明党トップ / ニュース / p114190

ニュース

2020年7月29日

営農再開へ対策強化

災害に強い産地造りなど JA全中から要望聞く 
石田政調会長、党農水部会

豪雨による被災農業者の支援について要望を受けた党農水部会=28日 衆院第1議員会館

公明党農林水産部会(部会長=谷合正明参院幹事長)は28日、衆院第1議員会館で、記録的な豪雨災害を巡り、全国農業協同組合中央会(JA全中)の中家徹代表理事会長から被災農業者の支援について要望を受けるとともに、農水省から被害状況について聴取した。石田祝稔政務調査会長が出席した。

中家代表理事会長は、コロナ禍の農林漁業者を支援する「経営継続補助金」に関し、現場から評価が高い一方、「(被災地では)申請が難しい」と指摘。同補助金の募集期間について被災者に配慮した柔軟な措置を求めるとともに、申し込みが想定以上に増えても対応できるよう十分な財政的支援を求めた。

このほか、近年連続して被災している産地の復旧については、単に元通りにする原形復旧にとどまらず、農地をかさ上げするといった「改良復旧」を施すなど、災害に強い産地造りへの支援も要望。「農家が意欲を失わないような十分な支援を」と訴えた。

石田政調会長は「特に九州は毎年のように災害により被害が出ている。復旧・復興に向けて要請を踏まえ、しっかり取り組んでいく」と話した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア